プロフィール

Sanae

Author:Sanae
マレーシア人の夫と日本で結婚し、マレーシアに来てもう10数年が経ちました。ビーズ、天然石アクセサリー、料理、手芸など、作ったものを紹介します。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セントラルマーケットの詐欺師!?

昨日は大使館へ子供のビザを取りに行くため、こどもを預けて数ヶ月ぶりに一人身の自由を味わいました♪

大使館でビザをもらった後、KLCCのデリフランスでフレンチトーストの朝ごはんセットを食べて、お店が開くのを待ち、紀伊国屋書店や3階の工芸品売り場を見て回り、ギャラリーでとってもすばらしい展覧会を見ました(その内容はまた次にお話します。)
そしてその後セントラルマーケットでマレーシア、パハン産のウッドビーズとサバやサラワクの天然石を買って、ガラスビーズを買って、チャイナタウンに行こうとしたとき。
セントラルマーケットの前に小さな人だかりがあり、見に行くとマレー系っぽいおじさんが金を売っていました。
金属の鎖を何かの液体の中に入れると、じゅーっと煙を出して溶けてしまいます。そしてその次におじさんは自分が売っている金を中に入れます。金は溶けません。マレー語でいろいろ説明してて、「早い者勝ちー。早い人は買えるけど決めるのが遅いと買えないよー。」
ネックレスと、ブレスレットと、ペンダントと、指輪をセットにして、「100リンギ、50リンギ、30リンギ、10リンギ。はい。これだけで10リンギ!(300円)」
みんな興味深そうに見ていますが安すぎて信用できないので誰も買いません。隣りにいたマレー系のおばちゃんが「本物なの?」と聞くので「知らない。。。」といいながら、でもその手品のように金属を液体に入れて溶かして、おじさんの金をいれても溶けないのは見ててもちょっとおもしろい。
すると、ある中国人のおじさんが「買うよ」と言って10リンギ出しました。そしておじさんは「ほら。早い者勝ち」といって、次に移ります。
次はまたいろいろ説明して、「さあ、あと2つだけ。」といってまたさっきと同じように金属を液体に入れて溶かします。
なんだか私はおもしろくて、どうしても触ってみたくなり、偽物だったらかわいく作り直して親戚の子供にあげようと思って
「Nak!(ほしい!)」
と言ってしまいました。
するとみんなが一斉に私を見るのでちょっと恥ずかしくなりました。10リンギ渡して、封筒に入れてくれた金をもらった瞬間、
(あ、軽い、ニセモノだ)
と思ったけど、みんな見てるしやっぱりいらないとも言えないので、さっさとカバンに入れて帰ろうとするとあとからインド人のおばちゃんが追いかけてきて
「あんた、それ買ったの!?ニセモノよ!私も買ったけど、ほら。剥げてきたもん。」
といって指輪を見せるので「うーん。そうね。いいよ。遊びだから」というとおばちゃんはすごく悔しそうに「損したわー!」と怒っていました。
確かに私も20リンギだったら怒るけど、10リンギだからま、いいかと思ったけど、あのインド人のおばちゃんにとってはすごく悔しい値段だったのかなと思うとちょっと気の毒になりました。
でもニセモノと知っていながら、おじさんの商売を邪魔しないところが、またマレーシアの人たちの大らかなところかと思ったりもしました。
だけど、よく考えるとおじさんは一度も「本物の金です」といっていたわけではないのかも!
そして私の前に買った中国人のおじさんは金のおじさんとグル!?

これがそのニセモノ品。
金


手にとって見ると、すぐにニセモノと分かるけど、あそこで売ってると「本物かも!?」と思ってしまうところがギャンブルっぽくておもしろかった!
その後、せっかくだからチャイナタウンもブラブラしてると、マレーシアに来たばかりのころは数メートル歩くたびに「コンニチワ!コンニチワ!」と日本語で声をかけられたのに、今は誰も言ってくれないことに気づいた!最近は中国語で話しかけられることが多いです。もう私もすっかり現地の人になってしまったのかなと思っていると最後に誰かが
「カワイイネー!」と言ってくれた!!前は「うるさい」と思ってたのに、昨日はすごーーくうれしくなってしまった(笑笑笑)

そして、最後にそごうに行って、食材を買おうとしたところ、お財布の中身がかなり乏しくなって、買いたいものが全部買えないことに気づいた私。
やっぱりニセモノの金買って損したわ!と悔しくなってしまいました(怒!)
スポンサーサイト

テーマ : マレーシア - ジャンル : 海外情報

<< ☆期待の星☆ | ホーム | きな粉と黒糖の米粉クッキー >>


コメント

サナエさんもすっかり現地化してしまったのですね(笑
反対に日本で外国人に間違えられたりして!(←そりゃないか。 そいや先日仕事でマレーシアの客先電話したときに懐かしいマングリッシュを聞きました。和みました…。

あゆみちゃん

そう。
自分ではどこが前と違うか分からないけど、だまってると確実に中国語で話しかけられる確率が高くなった。確かに、話せば下手な英語で「よそ者」とバレルけどね~♪
私もタイに行ったあと、マレーシアでマレー語聞いたらホッとしたよ。

こんにちは!

私のブログにも遊びに来てくれてありがとうございました^^私も、最近はすっかり韓国語で話しかけられることが多くなり、観光客と思われてた頃が懐かしいような… 「話さないと、韓国人ですよね」と、微妙なお言葉をよくいただいてますよ(笑)もともと、韓国人と日本人って似てるけど、ちゃんと見分ける日本人相手の商売人って、ある意味すごいなって思ってしまいます。私マレーシアが好きで、といってもまだ2度ほどしか行ったことがないんですが、Sanaeさんの日記を読んでいると、またマレーシアに行きたくなってしまいます^^

meiさん

こんにちわ!韓国のドラマはマレーシアでも大人気なので私もときどき見ますが、韓国人と日本人、似てるけど、なんとなく違う気がします。でもmeiさんも韓国人に間違われるようになったんですね!最初は新しい国で分からないことも多いからキョロキョロしたりしてるのが「外国人」っぽいんでしょうか・・・(笑)
マレーシアにもまた来てくださいねー。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。