プロフィール

Sanae

Author:Sanae
マレーシア人の夫と日本で結婚し、マレーシアに来てもう10数年が経ちました。ビーズ、天然石アクセサリー、料理、手芸など、作ったものを紹介します。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お絵かき

先週の日曜日、ナショナルアートギャラリーに行って来ました。

入り口のところで絵描きさん二人が絵を売っていたのですが、色鉛筆でバティック風の絵を描いているお兄さんが、
「子供にお絵かきを教えてあげるよ。」というので、さっそくファイーズに教えてもらうことにしました♪

「まず、同系色の暗い色と明るい色と中間の色鉛筆を用意して…」
とグラデーションの作り方を教えてもらって、私も主人もワクワク☆

100325-1.jpg

100325-3.jpg

100325-4.jpg

ファイーズが教えてもらっているのを見て周りの子供達も興味津々。

100325-5.jpg

お隣の方は、いかにも昔の美術の先生と言う感じのベレー帽をかぶった画家さん。
ペン1本で、風景画を描いていました☆

100325-2.jpg

家に帰ってから、さっそくファイーズがお絵かきしていましたが、いまいち、グラデーションの作り方を理解していなかった様子。

「こうやってやるんだよーー!」
いいこと教えてもらった~♪と喜んでいるママが、さっそく画用紙にお絵かきしてました(笑)

スポンサーサイト

<< 空手の試験 | ホーム | おもしろい発想 >>


コメント

うわぁ~♪

わたし、絵心が無いのですぅぅぅ~
美術の授業が苦痛な生徒でしたっd (>◇< )アチャ。
なのでこういう風に教えてもらえるといいなぁ~♪

日本では数年前、大人の塗り絵が流行っていたんですよ。
ゴッホやマネなど有名画家の絵が黒い線のみで描かれていて、
自分で色を付けられるブックもありました。
一生かけて学び続けるっていいですよね~☆

絵の先生のベレー帽がお約束な感じだけど
期待を裏切らない感じでちょっと嬉しいです!!

hirame さん

ほんとですか~~??
図工とかお絵かき得意そうですけどv-223

日本では図工や美術は、本人の創造力って感じであまりテクニックとか教えないと思うけど、グラデーションの技を教えてもらっておもしろかったですよー。そういえば、今朝も主人が私の色鉛筆見つけて、グラデーションに並べてたほど…。

大人の塗り絵、興味ありますーv-238
でもブーム知らないまま終わっちゃったのかな(涙)

ベレー帽の先生、実はベレー帽の絵描きさんは世界共通だったのですね!?
なぜなんだろー。帽子に筆を挿せるわけでもないのにね(笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。