プロフィール

Sanae

Author:Sanae
マレーシア人の夫と日本で結婚し、マレーシアに来てもう10数年が経ちました。ビーズ、天然石アクセサリー、料理、手芸など、作ったものを紹介します。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートエキスポ始まりました!

2010年から毎年、見に行っていたArt Expo Malaysia 2014に出品させてもらうことができました!

Art Expo Malaysia

2010年に初めて見に行ったときに、私も絵を描きたいな、展覧会に出せるようになったらいいなと思いつつ、もう4年が経ちましたがやっと最初の1歩踏み出した感じです(#^.^#)これも、主人をはじめ皆さんのおかげと感謝の気持ちでいっぱいですー☆

やっぱり絵を描こうと思っても、締め切りがないとなかなか進まない。そして、友達がいないとちょっと寂しい、子育てや仕事が忙しくて時間が取れない、などいろいろありましたが、もう言い訳はできません。有難いことに、こういう悩みは一応解決しているはずなので、これでやらなかったら私が怠けているだけなのです(^▽^;)

アートエキスポで出品できることになって締め切りと発表の場所がもらえた、マレーシアでも絵を描いたり分かってくれる友達もできた、子育ても二人ともずいぶん大きくなったのでそんなに手はかからなくなった、仕事も会社に行かなくてもさせてもらえることがあるから時間はなんとか作れる、ありがたいことづくめです。

今回出品したのは、「マレーシアフルーツシリーズ」A5サイズくらいの小さな作品です。
ブース62 ASIAN ARTISTS NETWORK のブースで展示させてもらってます。

img039a.jpg

img038a.jpg

img041a.jpg

img040a.jpg

IMG_7754.jpg

海外からもたくさんの作品が出品されていて、とても見ごたえがある展覧会です。
毎年、出展数も来客数もアップしているそうです。

そして今回私が一番気に入った作品は。。。

ぽぽーー!
ぽぽがモナリザに抱かれている~~~(≧▽≦)

太り方もそっくり。今体重7.5キロで獣医さんに注意をうけてるところ。でもこの子は10キロはありそうだな。

IMG_7763.jpg

名画になったぽぽ。

IMG_7764.jpg

IMG_7767.jpg

これ、最高↓思わず家に戻って、同じことしました↓

IMG_7768.jpg

9/25-28日までです。
ぜひ、お時間あったら、会場を訪れてみてくださいね。

これから絵もがんばりますー。



スポンサーサイト

和食のワークショップ

エアアジアのホテル&飛行機パッケージで1泊二日のペナンに行ってきました。早朝飛行機でペナンに到着後、すぐにPenang State Museum & Art Galleryへ。

IMG_6876.jpg

フードコーディネーター&ライターのASAKOさんのワークショップ。すっごく勉強になりました♪
参加者のこの女の子、目力が半端なくてたまらん(≧▽≦)

IMG_6912a.jpg

まずは、紫キャベツの茹で汁で炊いた青紫色のごはんに

IMG_6893.jpg

寿司酢をかけると、ピンクに変化!実は紫キャベツでピクルスを作った時に、この色変化があるのは知ってたけど、捨てていたあの紫の汁でご飯が炊けるとは、目からうろこ!

IMG_6896.jpg

そして、透明カップにご飯をつめ、間にシメジとニンジンの炊いたのをはさみ、再びピンクごはん。そして錦糸卵。

IMG_6900.jpg

IMG_6901.jpg

そしてサーモンの薔薇にゴーヤをのせて、ちらし寿司の完成!綺麗です~!

IMG_6905.jpg

そのほか、daun selom というマレーハーブの天ぷら。サクサクで美味しい!炭酸水をいれるとよいなどプロの技も教えてくれました。

IMG_6920.jpg

そして、こんな素敵な和食の完成♪ ゆず胡椒とわさびのサテ(焼き鳥)とチーズケーキも美味しかったです。

IMG_6922.jpg

そのあと、Tiffin(お弁当箱) の展示をみました。

IMG_6881.jpg

IMG_6880.jpg

IMG_6885.jpg

主人は「なんだよー。ペナンまで来てテペン(Tiffin)見るのかよ~、うちにもあったよ。」と言ってましたが、戦後占領期の日本製品Made in Occupied Japanもありました。

IMG_6884.jpg

当日に人が増えて、和食のワークショップのごはんが食べられなかった主人。私だけお腹満足になって、このあと、ジョージタウン方面へ歩き出しました。
(次に続く)

JAWI HOUSE

和食ワークショップのごはんを食べ損ねた主人にランチを食べる場所を探さないといけないと思って、ペナンを知り尽くした友達がくれた地図を片手に歩きましたが、「地図を読めない主人&さらに読めない私」なので、荷物を持ったまま歩き、しばらく迷い疲れる。。。(^-^;

でも何度も電話で場所を確認しつつ、やっとたどり着いたJAWI HOUSEでランチを食べました♪

IMG_6951.jpg

IMG_6953.jpg

IMG_6960.jpg

お店の人に「ホテルにはもう寄ったの?」と聞かれて、「まだ。ここから遠いの?」と聞いたら実はもうホテルの前を通ってた。やっぱりかなり迷ってたらしい…(^-^; 

ラクサを食べたかったけど、さっき、食べたばかりなのでお腹もいっぱいで思わずスモークサーモンサンドイッチを注文。でもせっかくペナンなのにやっぱりラクサにしたらよかったな~、今戻れるなら迷わずラクサだな~(#^.^#)

IMG_6969.jpg

その後やっとホテル到着。Yeng Kengホテルはアットホームな感じで、素敵なインテリアでした♪

IMG_6990.jpg

IMG_6984.jpg

IMG_6986.jpg

IMG_6980.jpg

IMG_6979.jpg

足も疲れたので、「まず、昼ねー!」と寝始めてしばらくして、ボチョボチョボチョと音がして目が覚めた!

何!?エアコンの水が漏れてるー(゚Д゚;)

しばらくして修理の人がきて直してくれました。
まー。こんなもんでしょう、、、、と開き直って、再びお昼寝のあと、ジョージタウン街歩きへ!
(続く)




ペナンの壁アート

ペナンの壁アート、街を歩きながら色々見れました♪
でも人だかりがなかったら、見逃してしまいそうな路地裏にさりげなく描かれています。

IMG_7036a.jpg

IMG_7050.jpg

IMG_7044.jpg

IMG_7013.jpg

IMG_7131.jpg


ワイヤーアートはかなり頑丈に作られていて、ぶら下がって写真撮ってる人もいたり。

IMG_7096.jpg

IMG_7129.jpg

今回、この日程で来たのは、日本人も参加のアートフェスティバルがあるとの情報を見たため。
ビクトリアストリートに展示がされていました。

IMG_7118.jpg

IMG_7119.jpg

IMG_7121.jpg

IMG_7125.jpg

IMG_7126.jpg

日本人らしき女の子に声をかけてみました。
「若く見えるけどおいくつ?」と聞いてみたら18歳!
黙々と作品作りしてました。最終日に行ったらもう少したくさん出来ていたのかも(#^.^#)
ブルーがきれいなモールアート作品。

IMG_7127a.jpg

そして、水上家屋を散策♪

IMG_7113.jpg

その後、ニョニャ料理を食べに行きました。もう一つ候補のお店があったけれど、主人が電話したらハラルじゃないとのことで断念(;_:) 姉妹店のMEWS CAFEに行きました。ここは豚肉を使ってないとのことです♪

IMG_7140.jpg

青い花で色付けしているブルーライス。これももしかしたら、寿司酢をかけたらピンク色になるのでしょうか♪
一番おいしかったのはイカンサンバル。葉っぱに包まれたスパイシーな白身魚が美味しくて感動でした。骨も全部取ってある。さすがニョニャ料理の芸の細かさだなー。お家に帰って真似したい味でした。デザートも美味しかったです。

(まだ続く)

バティックミュージアム

行きたかったところの一つ、地図に書きこんでおいたBatik Painting Museum Penang. Armenian Streetにあります。

入場寮RM5で、フラッシュなしで写真OK。入り口は狭く見えますが、3階(4階だったかな?)まであって見ごたえのあるギャラリーです。

バティックの道具、絞り染め風の技法や、蝋を爪で細かく割って独特の色を付ける方法など、ギャラリーの女性の方が一緒にまわって説明してくれました。でも私があまりにもスローに見ていたので、「まずは全部説明するからあとでゆっくり見てね」と言われました。
中に入った時点ですでに閉館間際だったようです(^-^;

IMG_7068.jpg

IMG_7067.jpg

IMG_7063.jpg

IMG_7093.jpg

IMG_7090.jpg

IMG_7092.jpg

IMG_7081.jpg

IMG_7094.jpg

IMG_7076.jpg

IMG_7078.jpg

IMG_7075.jpg

木版画みたいなのも、油絵みたいなのもあるし、バティックってこんなに技法があるんですね!!
絵が好きな人は絶対おすすめ。私もぜひまた見に行きたいです。

ペナン植物園

朝ごはんは思ったよりいろいろ種類があって、思わず色がきれいなニョニャクエを並べて写真を撮ったんですが、食べようと思ったら甘いものばかりだった。しまった(≧O≦)

IMG_7149.jpg

IMG_7153.jpg

そして、早朝から行くと予定していたペナン植物園へ。
バスでも行けると聞いていたけれどちょっと寝坊したのでタクシーで。ジョージタウンから15分ほどでした。
入っていきなり私の心をわしづかみにした植物は、この子でした!

IMG_7168.jpg

まず、花が大胆で、つぼみが可愛くて、上の葉っぱとは全然違うイメージの花なので寄生しているのかと思ったら、上の方と同じの葉がついていたのでひとつの植物、名前はCanon Ball。大砲!?絵に描いてみたいです。

IMG_7181.jpg

その後、次々と現れる、顔の彫刻みたいな木の幹や

IMG_7167.jpg

IMG_7197.jpg

ものすごーい、高い木とか、

IMG_7191.jpg

絡み合ってる木とか

IMG_7207.jpg

落ち込んでる?木とか(≧▽≦)

IMG_7201.jpg

見てたら飽きなくて、後ろを振り返ると、入り口からまだ全然進んでなかった。
でもいいお天気で森林浴が気持ちいいです。

IMG_7208.jpg

うちでも育てている木、地植えたらこんなに大きくなるんですね!?

IMG_7209.jpg

ピナンの木。カンポンボーイがそりにして遊んでいた木!

IMG_7213.jpg

横道を入るとジャングルのようで、ひやっと涼しく、静けさの中にみーんみーんと森の音が聞こえました。

IMG_7226.jpg

石垣の苔。

IMG_7238.jpg

IMG_7237.jpg

ちょっと変わったありんこが木の枝の橋を渡ってエサを運んでいます。

IMG_7245.jpg

こういう根っこの木は、実は地下に土が少なく、根を張ることができないから高い木が倒れないようにこういう形になっていると熱帯雨林の本で読んだことがあります。

IMG_7261.jpg

鳥の巣作りかけ?

IMG_7284.jpg

フラワーガーデンではビーズや布で作ったアクセサリーみたいなお花も。

IMG_7286.jpg

IMG_7300.jpg

もっともっと見たかったけどだんだんと日が昇り暑くなってきたので、出ることにしました。
そして、ブログで知り合ったお友達と待ち合わせ☆

(またまた続く)

アフタヌーンティー

ホテルに戻ってお友達と待ち合わせ。

IMG_7157.jpg

実はこのホテル、今は素敵に改装してあるけれど、昔はこんな感じだったらしいです。↓1978年と書いてある。
あちこちに置いてある歴史を感じる写真が、興味深い。

IMG_7319.jpg

友達ご家族が車で迎えに来てくれて、Suffolk House という歴史ある建物のアフタヌーンティーに連れて行ってくれました♪

IMG_7324.jpg

駐車場で、パチンパチンという音に主人が「この音懐かしい!」といって、実を拾ってきました。ゴムの木の実らしいです。
学校で算数の勉強をする時にも使ってたとか!こんな可愛い自然の教材、いいな!

IMG_7322.jpg

そして、バリで買った木の実ブレスレットと同じ実も落ちてた!
色と艶が綺麗ですーー。

IMG_7327.jpg

コロニアル調のすてきなレストラン。
でもしばらく前までは廃墟だったとか!(゚Д゚;)
信じられない。お庭もお散歩できて、気持ちよかったです。
朝も甘いのを食べてしまい、お昼もチーズナンにマンゴーラッシーを食べてしまったため、完食できず、もったいなかった(;_:)

IMG_7332.jpg

IMG_7333.jpg

IMG_7339.jpg

最後、おうちにお邪魔までさせていただいて、楽しい時間を過ごした後、飛行機出発までまだ時間があったのでイオンモールへ。海とペナンブリッジも見ることができました。本当にお世話になり、ありがとうございましたm(__)m

IMG_7366.jpg

二日間とは思えないほど充実した旅行でした。
私の行きたいとこにがんばってついてきてくれただんな様、そして子供を預かってくれたお義兄さん家族にも感謝です。

ありがとうー☆

コーヒー焙煎 第2弾

主人の田舎のコーヒーの実を乾燥させて焙煎した自家製コーヒー、友達にも飲んでもらって好評だったため再び採集!↓

前の記事

前回フェイスブックにもアップしたところ、今はジョーホール州の一部でしか栽培されていないリベリカ種ではないか?とのこと。そういえばふつうよく見かけるコーヒー豆とちがって形がいびつだな、野放しで育っているからかなと思っていたのです。粒も大きいし、普通2つで一つの実になっているけど1個が退化してもう一つだけ大きくなった豆が結構な割合でありました。

お義父さんに聞くと1960年代裏庭で採れたコーヒーの実は1キロ20センで売れたとか、安っ!

今回自分一人で採るのは大変なため、主人に「このコーヒーはすごく貴重らしいよ!」とそそのかして、はしごで採ってもらいました。だってこんなに木が高い!上の方は届かずもったいなかったけど3キロほどの実が採れたのでコーヒー豆は300gくらい。

IMG_6027.jpg

IMG_6046.jpg

IMG_6048.jpg

うちに戻ってから、友達と一緒に焙煎。網でやったり、フライパンでやったりしながら、お店で買ってきた豆の色に近づけました。

IMG_6279.jpg

IMG_6281.jpg

真ん中が買ってきたRangit Coffeeの豆、マレーシアブレンドだそうで、リベリカ種らしき豆が混ざってます。

IMG_6287.jpg

コーヒーについて、そういえば前に働いていたフリーペーパーsenyumでも特集されていました。
(実はデザインは私が担当。なつかしい~)↓

幻のマレーシア産コーヒーを探す

そして、マレーシアのコーヒー栽培の歴史!↓

消えたコーヒー農園

知れば知るほど美味しくなる自家製コーヒー。

IMG_6288.jpg

水彩で絵も描いてみました。

IMG_5864.jpg

コーヒーの木ファンになってしまい、今、アクリルでも描いてみているところです。


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。