プロフィール

Sanae

Author:Sanae
マレーシア人の夫と日本で結婚し、マレーシアに来てもう10数年が経ちました。ビーズ、天然石アクセサリー、料理、手芸など、作ったものを紹介します。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バリ旅行 初日~2日目

突然決まったバリ旅行。
京都芸大卒の同級生7人とそのお友達の方と現地の方の9人で賑やかな旅をして来ました。

まずは初日、デンパサールの空港でそれぞれの旅行から合流。
私が最後の便だったけど、エアアジアが遅れて予定以上に待たせてしまってごめんネ。
空港近くの「CAFE BATAM」というカフェで乾杯~♪
同窓会のしめはMケルとY岸さんのサプライズバースディーケーキです。

100929-0.jpg

その後、Gianyarというところにある彫刻専攻の大先輩、N先生のビラで宿泊。夜の雰囲気はもちろん、朝の窓からの風景もすがすがしくで最高。

100929- (46)

100929- (42)

100929- (43)

100929- (45)

それにしてもOダカ、パスポート事件ではほんまにごめんなぁぁぁ!


2日目、朝のコーヒーと昨日時間切れで食べられなかったケーキで朝ごはん。さすがIsshi、おいしいチーズケーキだったね!

100929- (4)

山の上にあるレストランでモーニング、の予定だったけど、ほぼランチタイム。Mケルはここでサヨウナラ。もっと本のお話とかも聞きたかったな~。また会えるよね。

100929- (6)

100929- (9)

100929- (5)

私とOダカとY岸さんは、空港組と分かれてキンタマーニへ。山の上から絶景が見えました。
見えている山は溶岩が流れた跡が生々しかった。
お祭りや、結婚式がいたるところで行われていました。

100929- (11)

100929- (12)

100929- (13)

100929- (16)

100929- (14)

インドネシア人女性のクバヤ。マレーシアでも最近薄いの着ている人が多いけど、ここまで中が丸見えではないなー。

100929- (15)

夕方念願のUBUDで空港組と待ち合わせ。
ウブドはお土産を買うのに最適と聞いていたけど、可愛いものがありすぎて止 まらない・・・。石や貝のアクセサリーも見てて楽しかった。

100929- (17)

100929- (18)

100929- (19)

100929- (20)

100929- (21)

その後、本当はケチャッダンスを見る予定だったけど雨で中止。
ウブドにある「道」というホテル&レストランでディナーを食べることになったのですが、
そこで私達はかなりの大興奮に巻き込まれることに。。。(続く)


スポンサーサイト

バリ旅行 2日目の晩

モザイクの不思議なインテリアに気分はハイテンション。
さすがIsshi。こんな素敵なところ見つけてくれてありがとう~~!

インテリアはもちろん出てくる器やグラス、小物類が全て可愛すぎる。

100929- (25)

100929- (26)

100929- (28)

100929- (29)

みんなでワイワイやっていると・・・

100929--(22)a.jpg

なんとフンデルトワッサーと40年間もお友達だったという創設者ご本人のプロフェッサーが出てこられて、全部のお部屋を見せていただけるとのこと!

100929- (30)

100929- (31)

いつまでも大騒ぎの私達をイスモヨと運転手のお兄ちゃんはいつまでも気長に待っていてくれました。

100929- (32)

100929- (35)

100929- (36)

それにしても部屋でのモデル撮影会、ハイテンション過ぎてJちゃん怪我した。もう大丈夫かな?

そのあとプロフェッサーの書斎にも案内していただき戦争や歴史、美術についてなどお話をたくさん聞かせていただきました。本の多さにびっくり。たこらお気に入りの本が見つかってよかったね。

100929--(2).jpg

100929- (40)

そして夜見えたのは、ムーンボウ、月の虹ってあるんだね~。
最後にプロフェッサーが月の下で話してくれたこと。
「自分達の歴史を勉強しなさいね。そうすればいろんなことが見えてきますから」

100929- (41)

深いお言葉・・・。

15年以上お世話になっているもう75歳くらいの社長にも同じ事を言われてました。私ってまだまだ浅いわ。勉強しなきゃ~。

ここでの思い出は明日に続きます。


バリ旅行 3日目の朝

3日目、どうしても朝の風景がみたいのとモーニングのおかゆにピータンをサービスして下さるとのプロフェッサーのお心遣いを受けに再び「道」へ。

朝の風景はカエルの合掌から・・・可愛い!

100929- (48)

100929- (47)

100929- (49)

100929- (50)

100929- (51)

100929- (52)

100929- (53)

100929- (54)

100929- (55)

100929- (56)

100929- (58)

ピータン入りのおかゆ。
これがまた美しくて・・・!

100929- (59)

100929- (60)

この日も盛りだくさんで長くなるので続く・・・。

バリ旅行 3日目昼から

朝食のあと料理教室組と分かれて私達はウブド散策。
Yさんが教えてくれたビーズやさん、「レインボー・スピリッツ」イスモヨのおかげで見つかりました!

100929- (62)

100929- (65)

100929- (63)

100929- (64)

でも材料はもうあまり置いていなくて、水晶の結晶をゲット。
こんな感じで天然石の浄化に使うことにします。

100929- (132)

そのあと見つけたビーズやのおじさん。本物のアンティークビーズも見せてもらいました。
インドネシアの通貨はゼロが多いので、値段聞いてもきっと分からないやと思って聞いてませんが高いそうです。

100929- (69)

100929- (68)

リサイクルガラスで作られたマットで不ぞろいな手作り感たっぷりのアンティーク風バリのガラスビーズ。金平糖やアメ細工みたいな質感。キンタマーニのおばちゃんから買ったココナッツの赤いビーズと合いそうなアジアチックな色を選びました。さてどんなの作ろうかな。

100929- (130)

おまけでもらったブレスレット。

100929- (131)

通りを歩くとおしゃれなお店がいっぱい。

100929- (66)

100929- (67)

ディスプレイも参考になります。まずネックレスのトルソーがマレーシアとは違うなあ。
自分で彫るしかないか・・・。

100929- (70)

100929- (71)

貝製品、ほんとはすごくほしいんだけど、止まらなくなりそうなのでぐっとガマン。

100929- (74)

100929- (73)

100929- (75)

100929- (76)

100929- (77)

100929- (78)

100929- (79)

さて、このあとランチの場所を探します♪ __続く__


バリ旅行 3日目遅ランチ~4日目朝

OダカとCOKAちゃんとイスモヨと4人でのランチ。さて、Isshiがいない中、おいしいとこ探せるでしょうか?
と思いつつもなかなか雰囲気いいとこ見つかりました☆

バリ風レストランにはどこもこんな小さな家みたいなところがありました。ここで休んでいる人もいたりします。

100929- (81)

100929- (83)

100929- (84)

こんなお洒落な通りを奥に入ったレストランのその奥は田んぼ。不思議なところだなー。

100929- (82)

夕方、すっかり家のような(大学のようなといってもいい感じ?)存在になってしまった「道」のカフェで料理教室組と待ち合わせ。コーヒーを飲みながら待っていました。

100929- (85)

二手に分かれた私達は携帯で連絡を取っていたけどここはちょっと電波が通じにくいところ。料理教室のみんなが遅れましたが雨の中、OダカはAMEDには行かずにUBUDに残ることに・・・。そんな予定変更もさすがissi- 、さっさと素敵な宿を探し当てて段取りしてました。実は私もそこに泊まりたくなるほど可愛いホテルでしたよー。

東海岸AMEDについたのは真夜中。道が複雑でドライバーのお兄さんも苦戦しながらもアクアテラスの宿に到着。4人と3人に別れて、私達の宿は広くてちょっと西洋風なところ。窓を開けると海!
ザーーッと寄せる波の音を聞きながらすぐに眠りにつきました。

100929- (89)

4日目、朝起きて、朝日を浴びて、外にでると、前は海。後ろは山。まるで愛媛の実家みたい。子供をあやすバリ人の姿。のどかだわ~~。

100929- (86)

さあ!旅のメインイベント。珊瑚の海でシュノーケリング!
数年ぶりの海で私も大興奮☆
ヨットに乗って出発~!

100929- (87)

100929- (88)

100929- (90)

珊瑚があまりにもきれいなので、思わず触ってしまい・・・。
はっ!珊瑚って触ってよかったっけ?なんだかヒリヒリする感じがして、ドキドキ・・・。
COKAちゃんとJunちゃんとヨットの上で3人で足を揃えて行進して、笑い転げました。

その後も旅はまだまだ続く、ティルタガンガへの道のり。村のいたるところでこんな飾りが。数日後のお祭りの準備だそうです。

100929- (92)

100929- (93)

100929- (94)


バリ旅行 4日目夕方

水の宮殿、ティルタガンガ。他のみんなは前ににもここに来たことがあるそうです。
そこでマンディーする現地の人々を眺めながら、昔の王様もここでマンディーを楽しんでいたのかなーと思いにふけりました。

100929- (99)

100929- (102)

この不思議な葉っぱは胞子葉というらしいです。さすが植物博士、cokaちゃん。

100929- (96)

TIRTA AYUというレストランで遅いランチ。

100929- (95)

実は私はすでにバリの料理に飽きていたのでパスタを注文。でも友達のナシチャンプーの方が美味しかった。やっぱ、この気候にはこの味なのかな!

100929- (101)

100929- (98)

うちの主人にそっくりなウエイターを発見。本人も「オレの若いときにそっくり!」と認めるほど。

100929- (97)

夕暮れにかけての風景を楽しみながら、ディナーも同じところで待ち合わせ。みんなで清算などしているうちに、現金が足りなくなっていることに気づき、あせる私達。
夜アクアテラスに戻ったその晩もバタンキューーーでした。
(まだ続くよー)

100929- (103)

100929- (104)

100929- (105)

100929- (106)

最終日とおみやげ

最後の5日目。濃いい旅の終わりが近づいてきました。。。

Yamagishiさん、イスモヨとは朝の5時にお別れ。手を振りながら今日の夕方にはみんなとお別れなのねー、今日もめいっぱい楽しもう!朝日を見ながら誓いました☆
朝日の向こうに見えているのはロンボク島。

100929- (110)

100929- (111)

100929- (112)

デンパサールのショッピングセンターでIsshiとTkoraとお別れ。
ありがとうねー☆ おかげで本当に楽しく充実した旅行でした。

朝4時にここを出発してAMEDまで来てくれた運転手のANWARおじさん。両替したいといったらレートのいいところに連れて行ってくれ、素敵なホテルでランチしたいと希望したらKONRADホテルに連れて行ってくれました。最後の締めは和食。いい感じだわ~。

100929- (116)

100929- (117)

100929- (119)

100929- (120)

最後になったけど忘れてはいけないだんな様のお土産。
「バリのコーヒー買いたいんだけど!」とおじさんに頼んだら、GOLDEN RABBIT COFFEEというコーヒーの製造を見学できる+試飲できる工場に連れて行ってくれました。

100929- (121)

100929- (122)

2種類のコーヒーを飲ませてくれて、一つ目は香り味も濃くて、苦味も強く「これは男のコーヒー」と説明してくれました。次に飲んだ「女コーヒー」あっさりしていて酸味があってすっきり。私は女コーヒーが気に入ったんだけど、買えるコーヒーは2種類だけで、男のコーヒーは、男と女ミックスのコーヒーの2倍の値段。どうして~?と車の中でおじさんに聞いてみたら、コーヒー豆の実の中身は普通対になって二つ入っていてひとつだけ入っているものだけを手で選り分けて作ったのが男コーヒーらしい。
だから高いんだ~。
お留守番と子守りがんばってくれた主人へお土産買えてよかった!

100929- (125)

コーヒー好きの人にはお勧めかも。
動物に食べさせて糞として出てきたコーヒー、高価らしいです。

100929- (123)

100929- (124)

順番にみんなを見送り、最後の1時間は一人旅。
空港で最後に出会ったのは、「ロンボク島の真珠」
貝にくっついた状態のものを切り取って作った見たことない南洋真珠です。

100929- (127)

裏はこんな感じ。貝ボタンみたいでしょ。

100929- (133)

20分くらいかけて2粒選びました。
友達にはつき合わせられないね~、といいつつ、ウブドでもかなりビーズ選び付き合わせたね。えへ。

インドネシア産のアクセサリーショップ。昔からある感じがよいなぁ。
おじさん、また来るね!

100929- (128)

エアアジア、なんと2時間も遅れて空港に着いたのは夜中12時。
子供達は車の中で口あけて寝てました。

100929- (129)

いつも文句ばっかり言ってるけど、クアラルンプールの夜景を見ながら、こんなきれいな国に住んでるんだなーとご主人様に感謝いたしました。子供預かってくれたお義兄さん家族にも感謝です。

そして全ての段取りしてくれたisshiをはじめ、一緒に行ってくれたみんな、素敵な旅行の思い出をあ~り~が~と~う~☆


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

☆追記☆

山の上で買ったイカット。お義姉さんにあげるつもりだったけど、うちのソファに色がぴったり!自分のものにしちゃった。5日間ほったらかされても「ママ遅かったね」ってくらいの余裕の4歳児の娘↓
その調子でたくましく育っておくれ~。

100929- (126)b


みんなの写真

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。