プロフィール

Sanae

Author:Sanae
マレーシア人の夫と日本で結婚し、マレーシアに来てもう10数年が経ちました。ビーズ、天然石アクセサリー、料理、手芸など、作ったものを紹介します。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水族館

ファイーズが学校で誰かから聞いてきたのか、「KLCCでお魚が見たい!」と言い出したので、「ファイーズは3歳くらいのときにもう行ったよ」と言うと「行ってないよ。写真あるの?」と聞くので見せてあげるとますます行きたくなったみたいで、まやもまだ行ったことがないし久しぶりに行くことにしました。

100119-8.jpg

100119-11.jpg

入り口近くで、カブトガニに触らせてくれます。ジョーホールのほうにはよくいるらしくて、主人の実家の近くの市場でも売ってて食べられるらしい。食べてみたいような、見たくないような・・・(笑)

100119-7.jpg

私は水族館が大好きなので、実は何回行っても飽きないんだけど、動物園とかに比べるとちょっと高いのが難点。しかも外国人はチケットがマレーシア人より高いので、私は隠れていて主人にチケットを買ってもらいました☆

100119-10.jpg

100119-9.jpg

この魚、英語名は「LIONFISH」だけどマレー語名は「IKAN AYAM」。
ライオンじゃなくて、ニワトリ魚なんですねー。確かにマレーシアの地鶏はとさかも尻尾もこんな感じかも~!

100119-14.jpg

100119-18.jpg

「この亀、ファイーズの事が好きなんじゃないの?!ずっとファイーズのこと見てる!」と主人。そんな訳ないと思うけど~・・・でも夢を壊すといけないので「そうだねぇ!」と言ってみる私。

100119-12.jpg

100119-13.jpg

「この魚、贅沢だなー・・・」とつぶやく主人。「何で?」と聞くと実家の近所の汚い泥の海にいつもいるらしい。「こんな澄んだ水に優雅に棲んでいるとは贅沢な・・・」だって。

100119-15.jpg

写真では大きく見えるけど、1センチくらいの小さな海老。

100119-16.jpg


お土産やさんで、主人がひとこと。

「・・・なんか、気づいてない?」

「何を?」

「うちの子供、一番うるさい・・・。
どこにも連れて行ってもらったことない子供みたい」

確かに、いつも聞こえてくるのはうちの子の声・・・

「ママー!ママー!みてぇ~~!早く~これ見てぇ~~~!」
「これ欲しい~~買って~。」
「だめ、すぐ壊れる」
「ママ、クデコ!!!(←けち)」


確かにインドア派のパパなので、あまり出かけてないからかな。
パパまた連れて行ってね~☆

100119-17.jpg


スポンサーサイト

亀の旅立ち

新年のご挨拶もしないまま、19日になってしまいました!
あまり更新もできていないのに読んでくださっている皆様ありがとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

3-4年前に、前の会社の上司の家族が日本に帰国する際にもらった亀3匹。
1匹はすでに大きく水槽も狭そうでしたが、残りの小さい2匹といっしょにすると、その亀たちを噛んでしまうので、2つの入れ物で別々に飼っていました。
でもやっぱり水替えのたびに一瞬、一緒にしただけで凶暴に噛むので、やっぱり、この亀は広い世界で生きて生きたいのかなぁと思って近所の公園の池に放す事にしました。

大きいほうの1匹を持って、週末ファイーズと二人で歩いて公園に行く途中、土砂降りになってしまい、主人にSOS。
車で来てくれて、余りにも土砂降りのため主人が傘をさして池に放しにいきました。
「雨だから嫌だ、ぶーぶー」といっていたくせに主人、お店の影から見ていると、池をみつめてなかなか帰ってきません。そして、車に戻って、
「俺たち、すごい罪なことしてるなー・・・。ほんとうは亀は広いところで生きたいのに。あと2匹の亀も逃がそう。」と言い出しました。
「え?でも何か動物飼っとかないと、留守のときに家を守ってくれないんじゃないの?(←以前主人がそう言った)亀が一番ラクなのに。水が少々汚れても死なないし。」とモノグサ太郎の私は答えましたが、でも水替えもしなくていいのもよいかも・・・と考えて、「そうしよう」ということになりました。(その後、「やっぱり魚を飼おう!」と言い出したけど、却下)

公園につくまで、袋の中でジーっとしていた亀たち。
一匹は、すぐ外の世界を眺めていたけど、もう一匹は少しおとなしいのでしばらく甲羅にこもったまま。

100119-6.jpg

池のほうにゆっくり歩き出して・・・

100119-2.jpg

坂道を下りて・・・

100119-1.jpg

池に入っていきました・・・

100119-4.jpg

そして、もう一匹も少し背中を押してやると、ゆっくり歩いて、コロン、と池に入りました。

100119-5.jpg

この池には仲間もいっぱいいるので、亀さんたちはきっと寂しくないはず・・・。

私がベランダに出ると必ず、えさをもらえると思ってガサゴソガサゴソと暴れていた音が聞こえなくなって、私はちょっと寂しいけど・・・。

その後、KLCCの水族館に行きました。(続く)


| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。