プロフィール

Sanae

Author:Sanae
マレーシア人の夫と日本で結婚し、マレーシアに来てもう10数年が経ちました。ビーズ、天然石アクセサリー、料理、手芸など、作ったものを紹介します。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誕生日

先週は私の誕生日もありました♪

ちょうど妹夫婦が実家に帰っていて、妹とだんなさんと、父と母とに代わる代わる電話で「おめでとう」を言ってもらい、誕生日を喜ぶ年でもないけれどやっぱりうれしかったです。
そして、子供をお義姉さんに預けて主人とデートに行きました。

夜のツインタワー。雨が降ってたけどきれい!

080331-5.jpg


世界一の高さを追い越された時、マハティール首相がインタビューで答えた言葉を主人から聞きました。
「いいんじゃないの?こっちは2本あるし。」
確かに。真似して2本作ることもできないし、3本作るのも変だし。さすがです。

タイ料理のシーフードのセットを注文したら、か、辛い~~~。
特に真ん中のパパイヤサラダは、主人でも辛くて食べられませんでした。

080331-7.jpg


でもそのあとにサーモンのフェットチーネを食べてご機嫌♪

080331-6.jpg


そして、別の日にショッピングセンターをブラブラしていると、強引な「ジェイド(ひすい)おばさん」に二人で引っ張りこまれてしまいました。

080331-3.jpg


その人は新聞や雑誌にも載ってる人らしく、
「ダトー○○も、ダトー△△も私のジェイドを買ったのよ。これで体を浄化すると腰が痛いのも足が痛いのも全部消える!私だけがジェイドミュージアムを持っているの。」
と、新聞や証拠写真をたくさん見せられました。

080331-4.jpg


唐朝李世民聖旨(Tang Dynasty Emperor's edict)と書いてありましたがよく分かりません。
向こうにあるのがおばちゃんが載っている新聞。

ホームページアドレス
http://www.worldjadequeen.com/

そして私の手を見て、
「あなたはお金をいっぱい使う人!中指か薬指にこれをつけるといいわ!使ってもまたお金が入ってくるからね!」
とハートの指輪を中指にはめられました。

そして次は主人の顔を見て、
「あなたは顔が黒いわ!悪いものがいっぱい溜まってるのよ!」
それに対して主人
「そりゃ黒いよ。俺、マレー人だもん!!!」
「違うの違うの、目の周りよ。彼女にこの指輪を買って、あなたはサービスで浄化してあげるから来なさい!
私が浄化したら1~2週間後にラッキーがあらわれてきて、私にお礼の電話をするばずよ!」

ものすごい勢いで話を進めるので、結構値段が高いと感じましたが誕生日プレゼントにしてもらうことにしました。

080331-1.jpg


主人はサービスと言ってたはずなのに、「あなたは20リンギよ。」と袋にお金を入れさせられ、
私は椅子に座って、主人は立ったままで、石の棒に手を当てて目を瞑らされ、15分くらい浄化(?)されました。

それがこの石↓

080331-2.jpg


その間にもおばちゃんはものすごい勢いで他の人にセールスしています。
きっと私達二人が目を瞑って石を触っているから、なんだなんだと人が寄ってきたんでしょうね。
目が開けられないので私は横に置いたカバンが気になりながらも、じっと手を当てていました。

しばらくして、
主人 「もしかして俺達、利用されてる?」
私 「うん。」

それを聞いたおばちゃんは、私たちの手をもう一度確認して、
「よくなってきてるわ!もう少しそのままにしてね。あと2分!もっと浄化できるから!今日は疲れるけど明日はもうよくなるからね!」
その後もおばちゃんは他の人にセールスを続けます。

「はい。深呼吸して!ゆっくり目を開いて!もう大丈夫。顔がきれいになったわ!あなたのジェイドはこれからますます緑が濃くなってきれいになるわ!」

なんとなく利用された感がぬぐえないまま私たちは買い物をすませ、子供を迎えに行って家に帰りました。

そして家に帰ってから主人に
「なんか、確かに顔がきれいになったよ」
というと、
「・・・んなわけないやろ!」

でもその後、自分で鏡をみて
「ほんとや!なんか、俺、きれいになってる!」

せっかくお金払ったんだから信じとかないとねぇ~。

なかなかおもしろいお誕生日の記念でした(笑)

スポンサーサイト

大豆の春巻き

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

日本語レッスン

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ファイーズの発見

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

カラオケ大会

先週の日曜日に、フェデラルホテルでICLSの日本語の歌カラオケ大会がありました。
前の会社の友達が、きろろの「未来へ」を歌うので、「浴衣の着方を教えて」と頼まれました♪

実は私もマレーシアに浴衣を持ってきたのですが、妹のも一緒に入っていると知らずに2枚持ってきていて、そして妹のサイズがぴったりだったのでそれを着ることになりました!
妹はちゃんと着付けを習ったので上手ですが、私は見よう見まね。
本を見ながら、帯も結びました。

彼女は背が高くてスタイルがいいので、よく似合ってます♪

080318-1.jpg


大会で熱唱する姿。

080318-2.jpg


ファイーズと二人でカラオケ大会に行く予定だったのですが、実はまやがここ1週間ほど風邪で熱もあり、よく吐くのでどうしようかなーと思っていましたが、せっかくチケットも取ってもらってたので主人に押し付けて行くことにしました。でもまやは、ファイーズが拭くも着替えてスタンバイしてるので何かを感じてしまったらしく、お昼寝の時間になっても「まま、ファイーズ。公園いくー。」といってなかなか寝てくれませんでした。もう間に合わないかなーと時間を見つつ、やっと寝たのでファイーズと走って出かけ、なんと、彼女が歌う寸前に到着することができたのでした!

夕べはジョーホールのお義姉さんが会議のため夜中の12時にKLに到着して、主人に「熱があるから迎えに来て、病院に連れて行ってー。」と突然TELがあり、バス停まで迎えにいきました。
まやがベッドで吐いたので部屋がすこし臭かったのですが、突然なので仕方がありません。ま、お義姉さんだし、慣れてるからいいやと思ったらなんと、友達といっしょでした(汗)
そして、お姉さんは今、ベッドでお休み中。

ファイーズの英語の先生の子供も吐いたそうだし、土曜日に来たお義兄さんの子供も、お義姉さんの子供も風邪。

今、風邪が大流行なので要注意です。

フローライトのブレスレット

私の大好きなフローライトのペタル型の石で、ブレスレットを作りました。

080317-1.jpg


フローライトは、グリーンや紫、黄色やピンク、透明など、様々な色が混ざり合っていて、見ていると本当に癒されます。
本を見ると

フローライトは、精神体と霊体を結び、迷いに対して希望を導いてくれる、目覚めのクリスタル。アイデアやひらめきを助けるパワーストーンでもあり、その思わぬ思考の柔軟性によって、まるで「暗闇に光をともす」ように落ち込んでいる人に希望の光と脱出へのヒントをさし示してくれます。
また、ストレスによって無駄遣いをしてしまう浪費傾向のある人には、冷静さと上手なストレス解消方を教えてくれます。

と書いてあります。

いつも標本のように写真を撮ってしまうので、今日はちょっと違った感じを試みました!

080317-4.jpg


080317-6.jpg


080317-5.jpg



すべて同じベランダでとっていますが、上のグリーンのは午前中、やや曇り空の日陰で、その下のふたつは午後、炎天下の日陰で撮りました。

最近、曇りの日が多かったので、いつも写真をやや黄色よりに調整しないと色が青くなってしまっていましたが、太陽と雲の関係でこんなに色が変るんだな~と改めて実感しました!

やっぱり色が人の感情に影響を与えるといいますが、実は光が気持ちを変えてくれるんですねー。

今窓の外は炎天下。
実際に外に出ると倒れるほど暑いけど、部屋の中から外を見ると、緑が眩しくて、とっても気持ちがいいです♪

おそろいのブレスレット

友達が、義弟さんの結婚式に姉妹でおそろいのものをつけたいと、おそろいのブレスレットを注文してくれました♪

080314-1.jpg


ピンクやブルーのは、きっと若いお義姉さんか、妹が選んでくれる・・・とは限りません。
人の好みは決してわかりませんから。
特にここは異国。
自分の趣味や色感覚で予想するといつも大はずれです(笑)


いつも書いていますが、マレー人の女性達の着ている服がどれくらいカラフルかというのは、私の持っているバジュクロンとクバヤを見ていただければわかります。


まずこちらは、私が初めてマレーシアに来たときにみんなで記念写真を撮るということで主人が買ってくれたバジュクロン。
「蛍光黄緑」です!!
(写真では、この蛍光色が表しきれません)

080314-3.jpg


そしてこちらは、結婚の時にちゃんと採寸をして、お義姉さんが生地を選び、お義母さんが縫ってくれたクバヤです!
「ショッキングピンク」です!!
(今気づいたけど、ドラゴンフルーツ色とも言えます)

080314-2.jpg


つまり、はっきりさせておくと、自分で選んで買ったものではありません。

普通、ハリラヤ(マレー系のお正月みたいなもの)には、新しいバジュクロンか、クバヤを買うか、仕立てるかします。
しかし、一年に一着ずつ民族衣装が増えてしまっても、実際、日本人の私は着る機会もないので、最近はあまり買っていませんが、主人の実家に帰ってからあわてて「今年の分買わなくちゃ!」という時に、お義母さんに言われること、それは

「さなえ!無地はだめよ!」

・・・・ついついいつも、並んでいる中で一番地味な色合いで、模様の少ないのを選ぼうとする私に注意の声が飛んできます・・・・。

ちなみにバジュクロンとは、マレー人の民族衣装で体の線が出ないようなタイプ。クバヤとは体にフィットするタイプの前あきの服です。
これにマレー人は、スカーフをかぶりますが、基本はベースの色以外の模様の色と同じスカーフを選ぶと聞きました。

だから、模様がカラフルな方が、スカーフの色も選びやすいのかな?

ドラゴンフルーツ

南国の人がカラフルな服を着るのは、やっぱり、こんなフルーツのせいなんではないかと思ったりするこれ、「ドラゴンフルーツ」です。
(写真に撮るのが遅くなったのでちょっとしなびてますが)

080312-8.jpg


080312-9.jpg


だいたいひとつ2リンギくらい(60円くらい)で売っていますが、中身の色は2種類あって、こちらは白い方。もうひとつは、果物とは思えないような真っ赤紫色をしています。

前働いていた会社の同僚がジョーホールの実家で作っているというのを聞いて、写真を撮ってきてもらいました。
まさに、それはサボテンの実!!!

花がしぼんでから実になるまでの写真を見事に撮ってくれました。

080312-1.jpg


080312-2.jpg


080312-3.jpg


080312-4.jpg


080312-5.jpg


080312-6.jpg


080312-7.jpg


このフルーツの人気の秘密は、この独特な色形だけではなく、ビタミンが豊富なこと。
私は中国語は分かりませんが、漢字を見てるとなんとなく分かります。
ビタミンB1,B2,B12,C、繊維質が豊富で動脈硬化を予防するとか新陳代謝を活発にするとか美容と健康にいいと書いてあるみたいです。

080312-10.jpg


そして、これが、私のお気に入り、ドラゴンフルーツスムージーです♪
中身が赤い方の色は、まさにこんな色です!!
となりにあるのがマンゴースムージー。
いくら暑いとはいえ、一人で全部食べると頭がキンキンします。

080312-11.jpg


ついでにファイーズがいつも食べるロティ・ティッシュ(ティッシュのように薄いという意味でしょうね)
砂糖が表面についていて、パリパリちぎって食べます。

080312-12.jpg


080312-13.jpg


お手伝い

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

お花モチーフ

花の形って、いつの時代も年齢を問わず女性に愛され続けてますよね。
ビーズでも、無限のお花モチーフができそう!

まずは本のデザインを参考に、自分が持ってるビーズでアレンジして作ってみます。
すると、やっぱり、ここは丸小ビーズより、特小ビーズにしたほうがカッチリしそうだなーと思ったり、ここをこの色に変えてみよう!と思ったり。
そしてまたひとつできると、違う色でも試してみたい!
出来上がって初めて、
「あー、こういう感じになるのか」
と分かるので、まずはつくってみるしかありません!

私の製作パターンは、ひとつのデザインでビーズの形や色を変えたものを続けていくつか作ります。
そして一度並べてみます。

うーん、どれが一番可愛いかな~。
でもその時によって、好きな色や形は変わります。

数週間前は、なぜかブルーが好きで好きで、でも今は茶色が好き。
または赤が好きとか。
常に気分で変化しています。

自分では
「色合わせに失敗したかな」
と思っていても、意外に他の人に気に入ってもらえる場合もあります。

「わっつ。これはなんて素晴らしい仕上がり!」 
と思って主人に自慢したら
「赤にしたらよかったのに。。。」 と言われたり(笑)

そして、同じデザインに飽きたら、また違うデザインを試してみたくなります。

こんな私の気まぐれ製作ですが、他の人が
「これ好き!」
と言ってくれると、とってもうれしくなります♪♪♪

071218-859.jpg


071218-864.jpg


感謝

「ブログ読んだけど、大丈夫~?」と声をかけていただいて、私は感動の涙です(ウルウル)

ターゲットについてとか、マーケティングとか、実際とりかかるべき課題についてもアドバイスしていただき、ただ、「作るだけ」の自分をもう少しステップアップさせよう!
と希望に燃えている「今」です。
←でも私って、すぐに喜んだり落ち込んだりするからまたいつ落ち込むかわかりませんが。。。

落ち込んだ時、ふと開く本に元気をもらうことがあります。

日本で働いていた時の先輩が、主人にくれたのか私にくれたのか忘れましたが、こんな本をくれました。

「1分間でやる気が出る146のヒント」

その方は開発をされていて、常にやる気満々の人で、本には黄色いマーカーで線も引いてあり、付箋も貼ってあったので、きっと、何回も読んでやる気を出したんだなーと思います。
その中のひとつに、はっとした文章がありました。


最近、何かひらめいたことがあるだろうか。
ひらめきとは、自分に何かを教えようとする創造性のひらめきである。
したがって、ひらめきを信頼している人は、創造性を最大限に発揮している人だといえる。
ひらめきは、自分を高めるための次の第一歩になるかもしれないのだ。

しかしそのためには、そのひらめきを人と分かち合い、情報を集めて試してみる必要がある。
そうしないと、この世でいちばんすぐれたアイデアを無視することにもなりかねない。

ひらめきを過小評価してはいけない。ひらめいたことを人に話し、実際に試してみよう。


お電話を下さった方のだんなさんは中国系のマレーシア人の方で、
「こっちのチャイニーズの人たちは、自分の好きなことや思いつきを仕事にすることが上手よ」
とも教えて下さいました。

確かにそうです。
日本人だったら慎重に、周到に、準備をして、、、と言うところですが、こっちの人は「まずやってみる」って感じで、この間そんなことをしたいと言っていたなと思ったらもうお店ができていたり、次にうわさを聞いた時には前のお店がなくなって新しいことをやっていたりと、始めるのも早いけどあきらめるのも早い、、、という人もいたりします。
そして成功する人は新しいアイデアでどんどん展開していかれるみたいです。

私の目標は、あくまで「小さく、個人的に、自由に」ですが、小さくでも「夢」を実現するには技術や知識やセンス、そしてお金が必要。。。
そして一番大切なのは協力して下さる人たちでーす!!!

コツコツを続けて、10年後には「ブログでこんなことを書いてたんだなー」と昔の自分をかわいく思えるようになっていたいな!

落ち込み気味

友達とLot 10のISETANにあるハンドメイドのアクセサリーショップを見ました。となりにある、どこにでもあるデザインのアクセサリーショップはすぐに見飽きてしまうけど、そこは結構見ごたえがありました!

そして材料もすこし売っていたので、いくつかのメタルパーツを購入しました。
やっぱりシャワー金具はあったけど、裏のピンの部分がない。。。
だから仕方なく、とりあえずシャワー金具を買って、あとでピンをつけることにしました。

結構長い時間悩んでやっと選び出し、お店のお姉さん渡すと、なぜかものすごーく会計に時間がかかり、レジでお金を払ってからレシートを渡して商品をもらうのですが、レジでいろいろともめている。。。
レシートの書き方が違うとか、番号を書く場所が違うとか。
もしかして、私が最初のお客サンなの???って感じ(笑)

ホームページを見ると、本店には結構材料も揃ってるみたいで、講習会もあるようです。

Emmones Design House

ISETANのショップではスワロも売っていましたが、4mmサイズしかなく、しかも値段は日本のネット価格の3倍していて、またまた高~!
同じ国からの輸入のはずなのに、なんでそんなに値段に差が出るのかな?

やっぱり郵送コストはかかっても、日本から買った方が品質も確かだし、安心です。
人に聞いた話によると、スワロもニセモノがあるそうですから。。。マレーシアでは危険度大!

でもこのあいだ見たお店にしても、結構お客さんは多いみたいだし、最近はマレーシアでもハンドメイドが人気になってきたんですね。
ハンドメイドはやっぱり、ゆとりの証拠だから。。。

作ってて本当に思うけど、大量生産との値段競争はとてもできません。。。。

たまに、マレーシア人に「ちょっと高いね」といわれると、確かにマレーシアの物価を考えると高いかも。。。と落ち込みます。
中国系の友達は、「こっちで材料を買って、日本で売ればいいのよ。その方が利益があるでしょ」と言うけど、質を落としてしまっては日本では決して売れませんから。。。(汗)

日本には手芸材料のお店はどこにでもあるし、本当にネットでいくらでも材料が送料無料ですぐに買えたりするし、いいなーと思ったりもしますが、逆に、たくさんの人にハンドメイドのチャンスがあるわけで、センスのいい人も、上手に作る人も、山ほどいるわけです。。。
ハンドメイドブログの多さ、趣味でやってる人のレベルの高さを見れば一目瞭然。

だから、ちょっと作っただけで
「えー、どこで習ったの!?どうやって作るの?」
と驚かれるということは、ある程度のレベルまで作れるようになったら、ビジネスとしても成功できるチャンスも大きいと言うことです。

・・・といってもそんなに大きくしたいわけでもないし、注文に追われる毎日になる事がよくない場合もあることは、いろんな人の体験談を読めば分かりますが、でもそこそこは成功しないと。。。

今は私も子育てという言い訳があるから、こうして好きなようにやってられますが、まやが大きくなった時、何かちゃんとできるようになってるかな、と考えるとふと、ため息が。。。

私は今まで、会社で働きながら何か作ろうと思っても、仕事だけでくたくたに疲れてしまって、結局中途半端にしかできなかったから、やっぱり、なんとかして描く事と作ることを仕事にできるしようと密かに決めたのです。

でもでもやっぱり現実は厳しいなー、と思う今日このごろです。

英語の先生

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。